★ マスターズオーケストラin京都 ★

2016年6月22日

言いっ放し社会への警告

私は、事務局に、メール連絡は受け取らないと宣言しました。
君たちが送っても、私は読んでいない。すべて迷惑メールになっている。

なぜ、こんなことをしたのか。
電子メール社会がもたらした、コミュニケーション不全への自己防衛です。

たとえば、大学の事務局が私にメールを送ってくる。文面は丁寧ですが、一方通行ですので、要約すれば、これは「命令」と同じです。電話であれば、いろいろと意見のやりとりがある。しかし、能力の低い事務員ほど、単にメールの送信ボタンを押せば、それで相手が従うと勘違いしている。
そして、これは世の中一般で危惧され始めている症候群です。

メールは便利です。が、簡単なゆえに弊害もある。それを意識しなければ、コミュニケーション・ギャップという勘違いが多発する。そして、事実多発しているのが、この学校です。しかも、もっともその弊害に陥っているのが、最上層部です。上意下達、それで済む、と思っている。旧帝国軍部ですね。

事務局には、「オレの電話番号は教える。用があれば、電話してこい」と言いました。それでも不足ならば、電報を打て。

フェースブックのアカウントを今日、削除しました。
友達リクエストをokした旧友が、ばかばかしいFBマニア(後日、twitterマニアであることも判明)で、自分のあれこれを次々とカミングアウトして、実にうざいのです。

私はこれまでも、学生からの友達申請はすべて無視してきました。
未熟な子供たる学生と、つきあうことはしない。
それが好きな教員も多いし、かえってそんな教員の方が人気のあることも知っている。
しかし、なれ合いはいや。これは生き方についての美意識の問題です。

こんなばかばかしい電子社会が、我々が予想した社会とは思えません。事実、アカウント削除の引き金を引いた"Yon"という旧友も、十分な美意識をもっているはずの男でした。それが、なぜ、くだらないなれ合い社会に落ちたのか?

電子社会の弊害は、多方面に現れていますが、便利さに流されず、立ち止まるアナクロさが必要です。

2015年12月31日

2015年終了

IMG_0785.JPGのサムネール画像

2015年も、なんとか終わりにできました。

良くも悪くもないかな。
今年大きいのは、生れて始めて意識的に減量したこと。最大8キロくらい落ちて、ズボンがずり落ちるくらいになった。おかげで、マラソンはサブ4一歩手前まで劇的にタイムをあげたし、競泳も背泳では練習ベストをどんどん更新している。1か月半も禁酒ができたことも大きいかな。

年末恒例の温泉旅行では、和歌山の秘境でリラックス。帰りに、奈良の石舞台で休憩。

2015年10月 6日

弘前マラソン

今まで行ったことのない青森県へ行ってきました。弘前マラソンです。
結果は、信じられないスーパー・自己新の4時間9分でゴール。何十回フルマラソンをやって、4時間半を一度も切れずにいて、ここ2年くらいは5時間近くまでタイムが落ちていたのに、一気にサブ4近くに急激にジャンプ。
この夏から、メタボ傾向を反省し、1月半ほど断酒。最大5キロほど減量しました。これが大きいのでしょう。

small sannai.jpgマラソン以外では、リンゴが恐ろしくおいしかったこと。コンビニで売っているリンゴジュースが、完全に偽物のリンゴ風味づけジュースであったことに気づきました。
あと、風が強い地域なんですね。
不老不死温泉という海辺の露天風呂で休息した翌日、飛行機の時間待ちで、三内丸山遺跡というところに行ってきました。
考古学には興味がないのですが、いくつかの復元住居にインスピレーションを得ました。行ってよかったです。

2015年6月13日

オレ様バイク

先週、堺の方まで、新しく購入予定のオートバイを見てきました。
CB1300、白バイレプリカです。

IMG_9023.JPGのサムネール画像
どうです。すごいでしょ。
足がつかないんですよ...

これで交通違反の取締にでようかな。

これ、いい。

下は、警察の白バイ競技会ですが、こんなスポーツがあれば、ぜひ参加したい。

白バイなんで、バイクはみんな同じ。腕だけを試すというのはいいです。普通、モータースポーツというのは、自動車とかバイクとか、機械の性能に重きを置かれるから、人間が主役になるのは、スポーツなら公平じゃないかな。

しかし、下の動画はすごいよね。VFR800が大半だけど、ピンクのゼッケンは女でしょ。僕より背の高い女はいくらもいるけど、筋力は落ちるよね。それが、雨の路面であそこまでバイク倒したら、倒れるでしょ。300キロあるんだよね、あのバイク。火事場のバカ力的な力がでないと、簡単には動かない重さなんだ。なんか、萌えるな。かっこいい。

大型の教習所でも経験あるけど、こういう場面で転倒したときって、頭はひどく冷静なんだよね。体はかなりダメージを受けているんだけど、骨折したあと、しばらくエンドルフィンが分泌されて痛みを感じなくなっているという状況に似ている。何も肉体的な痛みは感じず、ただ、次の行動をどうすべきか、頭が奇妙にさえわたっている。だけど、翌日になると、あちこちに大けがをしているんだよね。

いずれにしても、暴走族のチンピラがこんな過酷な訓練をしている相手に勝てるわけないよね。
相手は兵隊なんだから。


2015年3月17日

学期のあいだの休日

katsura.jpg
20度を超えたという、春の京都。
20年以上も住んでいながら、一度も行ったことのない桂離宮に行きました。
ブルーノ・タウトによって伝説化された、かの名建築?ですが、日本びいきの外人の勘違いじゃないかと思い、さほどの期待もなく行きました。

桂離宮は、どう考えてもタウト以外、さほど強固なサポーターが思い浮かびません。建築として、超一級品とまではいえないでしょう。
もちろん、学習する点はたくさんあります。
しかし、それは日本建築に共通する美学であって、桂離宮に固有なものではありません。

古書院の外見は、どことなくミースを思い出させます。このあたりが、タウトにアピールしたのではないかとも思います。

古書院の雁行形が、日本建築史で言及されたりしますが、so whatという感じです。雁行しているのは、建築された時期が異なるからで、当初からの意図ではありません。ただの、偶然です。

回遊式庭園じたいも、ごく普通です。
これは、桂理由の建築時期が江戸時代であることに、思いをいたす必要があります。我々の美学を総体として確立した時期で、逆に我々の目を驚かせるものではないのです。

総じて、タウトという外人の壮大な勘違いを、はなで笑いながら、桂川をバイクでかっ飛ばして家路につきました。
とはいいつつ、よい春の休日でした。

2015年1月31日

昔の歴史小説を読もう

今日で1月も終わり。成績もつけ終わり、微調整も今日までとし、2014年度の業務は終了です。

ところで、3年くらい前から、電子書籍で昔の長編歴史小説を読んでいます。文庫本にすると一つのタイトルが、20冊とかになる分量です。太平記、平家物語、宮本武蔵、三国志などなど。今は、水滸伝を読んでいます。

日本史の知識としてどうもよく理解できなかったのが、南北朝時代でした。足利尊氏が主人公の「太平記」では、この時代をよく理解できました。奈良や和歌山を旅行するときには、よい予備知識です。
NHKの大河ドラマは見なかったのですが、平清盛が主人公の「平家物語」では、義経をよく理解できました。去年見た、歌舞伎の「勧進帳」でなぜ「安宅の関」という北陸の地名が出てくるのか、また、トライアスロンで毎年行く能登半島の珠洲に、なぜ平時忠が出てくるのかよくわかりました。

「三国志」では、常識として知っていた、「泣いて馬謖を斬る」とか、「死せる孔明、生ける仲達を走らす」という言葉の意味が、恥ずかしながら今になってようやくわかりました。「馬謖」というのは、登場人物の名前だったのですね。"Red Cliff"という映画がありますが、これも「赤壁の戦い」という意味ですね。

「宮本武蔵」も、京都に住んでいる私にすれば、いつも通過している「一乗寺」に思い入れが出てきたし、柳生十兵衛はこの頃の人だったのかと、改めて知りました。柳生の里も、春休みにバイクで遠出したいところです。ただ、吉村版の「武蔵」では、通常、貴公子として描かれる佐々木小次郎が、粘着質のいやらしい人物にされていたのが、意外でした。

今呼んでいる「水滸伝」でも、「伏魔殿」とか「梁山泊」というのが、この物語の用語だったとはじめて知りました。

読んだと人に言うには、ベタな小説群ですが、日本人であれば、必ず通過すべきでしょう。文章もやさしく、実に読みやすいものばかりです。まあ、1タイトル読むのに、たっぷり3ヶ月はかかりますが、試してください。

2015年1月 2日

2015年の驚いた

あけまして、おめでとう。

2015-01-02 22.35.49.jpg
年末、年始に雪が降るのは、京都市内でも珍しくはない。
結構、記憶がある。
数年前もかなり積もって、2日に京産のあたりまで30キロ走をしたけど、ゴミ焼却所の坂は歩道が雪で、車道しか走れなかった。御所の北の今出川通りも北向きのせいか、雪がとけない。

それにしても、2015年のこれはすごい。
京都が新潟になってしまった。

下に、2014年の送り火の日の豪雨で、鴨川・三条河原が水没した写真をupしたけど、最近の気候はちょっと極端だ。

2014年8月16日

休日の夏の日

2014-08-16 16.53.06.jpg今日は、五山の送り火のある日です。
が、すごい豪雨が昼前からありました。
結果、鴨川は、見たことがない状態に変わりました。いつもは、人でいっぱいの三条河原も水没寸前までなり、立ち入り禁止となりました。
河というのは、本当に怖いね。何時間かで状況が変わる。都会の真ん中でこれだから、キャンプ場で死者がでるのもわからないではない。

2014年6月28日

2014 芸術評論 黒田清輝展見学

土曜日の午前中ですが、他の講義との競合とか展覧会の混雑も考え合わせ、「芸術評論」の見学会をしました。
今の時期の京都は、この展覧会のほかに、市美術館で稀代のエロ画家「バルチュス展」があります。こちらを見に行ってもよかったのですが、地味に「黒田清輝展」にしました。バルチュスは夏休みのあいだ、ずっとやっているので、個人的には見に行きます。

文化博物館の一つ前の「印象派展」はジジババ、カルチャーおばさんの山ですさまじい行列ができていて、いくら近くに住んでいる私も行く機会を失いました。まあ行ってもよかったのですが、そんな見物客の群れに飲まれなくてもよかろうという感じです。

黒田清輝は、明治のおえらいさんです。
でも、社会常識に抵抗もしました。ただ、抵抗する確信は、西洋の常識をもってしたところが、怪しげではあります。
ただ、チョンマゲを乗せていた時代から、明治で一気に西洋化、近代化を図ろうとした日本です。何もかもが混乱。美術という概念自体が、日本にはそもそも存在しなかったものです。フランスに留学して、今の美大受験生みたいなことをして、石膏デッサンを山のように描いて、西洋画を模写して、がんばった人だと思います。
何を、日本にもたらしたのでしょうか。考えてみてほしい問題です。

sketch1-1[1].jpg














今回の展覧会で、私の印象に残ったのは「昔語り」という絵を描くための、たくさんの下絵の集積でした。この絵のために、これだけの時間を費やしているのだな。ベタな言い方ですが、こと絵に関しては、真面目な人だったと思います。

2014年5月24日

2014 初夏の見学会

「京都空間論」恒例の初夏の見学会をしました。
暑い、けれども、風は涼しい、よい感じの初夏の一日を楽しみました。

最初の見学地は、南禅寺の水路閣です。
季節柄、観光客がおおぜい来ていました。

2014-05-24 15.51.01.jpgのサムネール画像


2014年3月29日

2週間続けてのフルマラソン

2月の16日と23日、2週間続けてフルマラソンを走るという無謀なスケジュールをこなしてきました。どちらも5時間ではゴールしましたが、タイムはむちゃくちゃです。
写真の上は京都、下は東京です。


kyoto.jpg

京都バージョンは、平安神宮前のゴール地点です。 完全に成仏しています。南無阿弥陀仏。こんな顔でゴールしたくないね。 この後で、京都市長と握手しましたが、これも握手するなら別の人がよかったね。

tokyo.jpg


私はどこにいるでしょう?
スタート前に、荷物預けにかばんを肩に、新宿を急いでいます。

感想です。
東京マラソンは、8回目の抽選ではじめての当選でした。
人数は国内最多ですが、オーガナイズはさすがに日本人。問題になるほどのストレスは、ゴールした後の着替え場所くらいで、それ以外ほとんどありません。こんな緻密な構成ができるのは世界中で日本だけだということは確実にいえます。

京都マラソンは、少し改善の余地がありそうです。
ただ、地元の人間にとっては、地理がわかっているのでとにかくやりやすいコースです。
私にとって本当にしんどかったのは、松ヶ崎から国際会館へ向かうキツネ坂ではなくて、38キロすぎの京大百万遍から北白川の交差点までの登りでした。
普通に自転車で行ってもしんどいのに、こんな最後の最後にコースにいれないでほしい登り坂でした。

まあ、それでも、どちらも楽しい一日でした。サポートしてくれた人に感謝です。

2013年8月27日

珠洲トライアスロン参加

triathlon.jpg 能登半島の一番先にある、珠洲市というところで行われたトライアスロンの大会に参加した。swim 1.5km,bike 50km, run 10kmのショート(オリンピック・ディスタンスともいう)種目でもエントリー。
距離が倍になるミドルという種目も過去に完走しているが、久々でとても9時間も走りきる自信はないので、ちょっと物足りないがショートの距離にした。

トライアスロンは4年ぶりになるので、準備が大変だった。
自転車はホコリを払って整備しなさないといけなかったし、ウェットスーツは太ったので入らなくなっていた。店に頼んで、出発前日にようやく間に合わせてるという始末だった。

今年は、とんでもない暑さだが、24日あたりは天気の変わり目で、時々ゲリラ豪雨がおそう天候だった。中止にならなくて本当によかった。 結果は無事に完走。トライアスロンではフルマラソンのように1分1秒のタイムを争うつもりはないので、久しぶりの大会を楽しむことにした。今年の夏の行事はこれでおしまい。
ようやく、秋の気配もしてきた。

2013年5月 6日

2013 長野マラソン

4月に長野マラソンに出場しました。
4月だというのに雪が積もっているという、信じられない天候のなかでした。公務員ランナーの川内選手が優勝したけど、タイムは平凡だったという悪コンディションでした。
ところがです。
もっと信じられないことがおきました。
こんな天気だから適当に走って途中でやめようと人と言っていたのですが、なんと自己新記録でゴールです。
路面が悪くスタートからペースが遅かったり、水たまりだらけで路肩を抜くこともできず、あげくは途中のガソリンスタンドでトイレに行列を繰り返したり、ロスタイムがたっぷりあったのに、自己新記録なんて信じられないです。30キロを超えても、キロ5分半をキープできたのは、はじめてです。つまり、これがポイントでした。後半も、落ちなかったのです。
もうすこしで、グロスでも4時間半を切れたのですが、ネットでは4時間20分くらいです。
途中で4時間半のペースランナーの集団と走っていて、ついて行くのがしんどかったので下り坂で、一気に集団を引き離したんです。それで終わってしまいました。その後でペースが保てず、また集団と一緒に行こうとしたのですが、今度はついていけませんでした。
ペースランナーは、設定タイムより少し早く走っているんですよね。

とにかく、何がどうしたのでしょう。
やる気満々のときはだいたい結果が悪く、天候は最悪、気分も乗らない、練習もできていない、そんなときに良い記録がでているのがパターンでした。でも、理由がありそうです。

2013年4月28日

電子書籍を出版しました

電子書籍を出版しました。
書名は『芸術評論の論証パターン』というものです。

司法試験の受験勉強で使われている論証パターンという方法を、美術評論に応用してみたものです。過去の有名な評論がどれほど、ロジカルに理解可能なものか検討してみました。

500円ですので、買って読んでみてください。

販売は紀伊國屋のウェブサイトのみで行っています。

読むためには、kinoppyというリーダーのアプリ(無料)と、紀伊國屋書店ウェブストア(top page)での会員登録が必要です。

2013年2月11日

現代音楽論 アニソン作曲演習の結果

今年で2年目になるアニソンを作曲するという課題が終わりました。
1年目の去年は、理論の説明後、作曲を実際にする段階で「あとはよろしく」という感じで放置してしまったので、バンド経験者以外はできないままになった人が現れました。その反省で、今年は、テンプレート式に形式を決めて、作業をすることにしました。作曲の自由度は減りますが、素人もとにかく一つでっちあげるという結果を出すことには成功したようです。
どこがドかわかっていなかった美大の学生が、さほど一生懸命でもなくても、これくらいできるんだという例です。作曲は、専門知識がいるので、絵を描くのとは違って敷居は高いかもしれません。しかし、最初の躓きの石を超えれば、けっこうできるものです。
下に、うまくいった学生の曲をアップしたので、聞いてみて下さい。
学生によるアニソン・オリジナル曲のページ
HTML5のaudioタグを使って埋め込んでいるものと、flashプレーヤーを埋め込んでいる二つの行があります。ブラウザの互換性や、iphoneなどとの互換性を考慮したものですので、両方見える人は片方を無視して下さい。

2013年1月29日

2012 芸術評論 講評

今年最後に、新しいネタとして「パスティーシュ」という課題を出しました。最後の時間だったので、みんなの作品を講評をする機会がありませんでした。そこで、HPの上でコメントをしておきます。
講評ページはこちら
まだ、書き切れていないので、順次書き足していきます。
課題は、任意の作家の作風をまねて、自画像を描けというものです。当初は、作家の範囲を「画家」と考えていたのですが、あえてマンガ家を含めるように修正出題しました。

001_1.jpg
今回、真似る作家として漫画家を含めることとしました。私はこれについて、重大なことを再認識させられました。
画像は提出された作品です。学生は大変上手に描いています。
しかし、多くの場合、作品のなかの登場人物にそっくりになってしまいました。パスティーシュは作品そのものをパクるわけではなく、作風を似せるのですから、趣旨から外れてしまったわけです。
しかし、これは学生のせいではなく、マンガというメディアのもっている特質だと考えられます。ここは、私にとっても想定外の現象でした。
013_2.jpg
マンガは、視覚的な速記法のひとつです。つまり、抽象化に核心があります。今回のように、人間の顔であれば、顔の細かい差異を捨象して抽象化していくところにマンガの長所があります。
その反面で、抽象化されたことで、それぞれの人の細かい特徴や表情などが消えるという短所があります。マンガのなかにもたくさんのキャラクターが登場して違った顔をしているはずなのですが、「誰か風」が「○○という登場人物風」と相似形をなしているところが、落とし穴かもしれません。
同じビジュアル・アートであっても、差異を誇張していく「絵画」と正反対の特質をもっているのです。
今回、私がマンガ家を含めたのは失敗かもしれませんが、メディアの特質を再認識できたことは勉強でした。

2006年12月28日

ブログ開設しました

これまでの「知りたい塾」のホームページを、ブログ形式に変えることを試みています。
出来合いのブログではなく、Movable Typeを使って、自分で組み立てているので、まだ不自由です。