« 2017年7月 | メイン

2017年10月 アーカイブ

2017年10月22日

八ヶ岳グランフォンド

今年は、記録に残る最悪の年になりそう。
8月上旬に、ロードバイクの練習中、転倒して左肘を骨折、靱帯断裂という大けがをした。おかげで、珠洲トライアスロンと大台ヶ原ヒルクライムは欠場。

ケガ以上にストレスだったのが、医者と意見が合わず、靱帯の修復手術を断ったことによるメンタルな鬱屈感。医者の判断が間違いとは思わないが、医者が論理的、科学的な説明ができないにもかかわらず、すべてをわかっているような口調で断定することにカチンときた。おまけに、そいつが偏差値40台の医学部としては、完全に話にならない論外の大学卒だったことも信頼性を欠くもう一つの要因。

その医者を信頼したわけではなく、ただ単に緊急事態としてあちこち断られて最終的に、救急車で運び込まれただけの下鴨病院というところ。救急車で運ばれていく先は、十分に慎重に判断しよう.緊急事態は仕方がない。しかし、そこから先は、真に信用ができる先を考えなければならない。救急車で運ばれていく先は、緊急事態、はっきり言う、程度は最悪。対応するのは、学部卒レベルのせいぜい研修医。そいつに命を預けられるのなら、死んだ方がいい。

おそらく、これが、オレの運命を狂わすくらいの最悪のバカ相手だったとしか、思えない。

反面、偏屈さを押さえて、医者(川崎医大卒の偏差値40台の超劣等生でも、トレーニングをつめば一応の医者として生きていけるのか、ハテハテ私は十分に大疑問)の言うとおりにしておけば、今の変な痛みはなかったんじゃないか、という後悔とが行ったり来たりする。

171001 yatsu.jpg


それでも、ロードも競泳の練習も再開した。
10月初旬、126kmを走る八ヶ岳グランフォンドに参加した。レースではなく、サイクルイベントだが、天気のよい山の中を7時間かけて走ったのは気持ちがよかった。
音楽も大事だが、スポーツもオレにとっては大事。
ただ、靱帯が切れてしまった以上、同じ場所に衝撃が加わったら、肘が脱臼骨折してしまうので、もう転けられない。だから、肘にはオートバイ用のプロテクターをしている。

頼むから今年はこれ以上、悪いことは起きないでくれ。

About 2017年10月

2017年10月にブログ「知りたい塾」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年7月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。