美術評論演習 レジュメ

§ 流派(全体と個人)

News!!

このHPの記事を電子書籍として出版しました。書名は、「芸術評論の論証パターン」といいます。

紀伊國屋書店のウェブ・ストアだけで販売しています(こちらのリンクからどうぞ)。

500円です。

1 画 派

1-1) 問題の所在

西洋近代の所産である、「個」を重視する視点からすると、芸術において「集団」性を重視する「流派」を考えることは矛盾とも思える。古典芸能ならいざ知らず、技能の継承を骨格とする「流派」が、創作を骨格とする「芸術」と整合的であるとは思えないからである。本論では、芸術における、集団と個人の関係に着目することによって議論を進める。

1-2) 代表的な画派

1-2-1) 狩野派

400年の歴史をもつ御用絵師の門閥である。15世紀の室町幕府の時代に始まり、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らの権力者に用いられ、江戸幕府によって保護された。血族や師弟関係によって維持され続けた画家集団である。

御用絵師として権威の中心であったと同時に、絵画教育のシステムを確立し、江戸時代の美術学校として機能していた。「町狩野」とよばれる、在野で活動する狩野派卒業生が、民間教育に大きな役割を果たしたようである。すなわち、のちにスタイルを変えた画家たちも、初期には狩野派に入門していた例が多い。この意味で、中世末期の狩野派と、近世の狩野派は、歴史的意義を異にするといえよう。

1-2-2) 土佐派

室町時代から江戸時代まで続いた画派である。狩野派と異なる点は、日本の大和絵を中心としていることと、朝廷をパトロンとしていたことがあげられる。

1-2-3) 琳派

琳派という用語は、昭和になってからの造語といわれる。狩野派や土佐派のように、血族・弟子によって継承された集団ではなく、間接的な影響関係によって結びつく点で、ここで論じる「流派」とは異なる。中心的存在は、俵屋宗達、尾形光琳である。

2 狩野派の形成

2-1) 全体像

狩野派の全体像を系図で示す。岡倉天心の講義によると、様式的には、5つの時期に分けられるという。すなわち、@ 正信・元信、A 永徳・山楽、B 探幽・常信、C 古信、D 栄信(伊川院)・養信(晴川院)らが活躍した時期である。

2-2) 初期狩野派の代表的絵師

狩野派成立・形成期の絵師
  狩野 元信 狩野 永徳 狩野 山楽 狩野 探幽
生 - 没 1476 - 1559 1543 - 1590 1559 - 1635 1602 - 1674
パトロン 足利幕府、朝廷 信長、秀吉 秀吉 家康
師弟関係 2代目 元信の孫 永徳の弟子 永徳の孫
作品例
備考 『四季花鳥図』 『唐獅子図』(宮内庁) 『牡丹図』(大覚寺) 『松鷹図』(二条城)
役割 客層の拡大のため、共同制作のシステムが必要となった。複数の画家が、一定のスタイルで作業できるよう、画体という学習概念をつくり、組織も構築した。元信は、流派としての実質的創始者といえる。 信長・秀吉が次々と建てる城郭の絵を担当した。画面を飛び出すような勢いのある巨木表現など、大画面主義が特徴である。 京狩野の始祖。永徳は、権力の行方に対応するため、血族・弟子を各方面に送り込んだ。豊臣方の担当となったのが、一番弟子の山楽である。徳川の恩赦を受けるが、京にとどまり、主流からは外れる。 狩野派最大の巨匠である。同時に、狩野派というシステムを、社会的に大成させた。絵画スタイルは、永徳の巨木主義をとらず、余白を有効に使い、枠の中での構成を意識した。大和絵との融合も模索している。

2-3) 中国絵画の知識

土佐派がやまと絵をスタイルとしたのに対して、狩野派は漢画をスタイルとした。絵画史上の評価では、狩野派は、日本古来のやまと絵と漢画を融合させ、新様式を確立したとされる。やまと絵・漢画ともに、厳密な定義はなされていないが、ここでは漢画について、中国の宋・元の時代の画風をいうとする。中心となるのは、水墨画である。

中国王朝の変遷は以下の通りである。北宋(960-1127) → 南宋(1127-1279) → 元(1260-1368) → 明(1368-1644)。ちなみに、雪舟が明に渡ったのは、1468年とされる。

3 狩野派から現れた個人

狩野派は、常に権力者につき、豪華な絵画を作成したが、400年にわたる中で生まれた多くの弟子たちには、得意な才能を発揮する画家たちもいた。流派としての一定のスタイルからも、異なる個性が生まれうる好例といえる。

狩野派に学びながら、個人的な画風を作った画家
  久隅 守景 英 一蝶 河鍋 暁斉 狩野 芳崖
生 - 没 不詳 1652 - 1724 1831 - 1889 1828 - 1888
師弟関係 探幽の弟子。のち、破門 安信の弟子。流刑となる 歌川国芳に学び、駿河台狩野家に学ぶ 雅信の弟子。
作品例
備考 『夕顔棚納涼図屏風』 『布晒舞図』 『蛙の蛇退治』 『仁王捉鬼』
役割 探幽門下の秀才とされたが、のちに破門される。農民の風俗を描いた絵を残す。 狩野派に入門するが、浮世絵にひかれ、風俗画の世界に入る。吉原に幇間として、出入りをした。 狂画という錦絵で人気。風刺画がもとで投獄。狩野派の絵画と、浮世絵的な風刺画の双方をこなす。 狩野派の塾頭から、長府藩の御用絵師となるが、明治維新で失職。フェノロサの知己を得て、日本画の新しい次元を開く。

5 流派の意義

5-1) 存在意義

では、狩野派を離れて、一般論として、なぜ流派というものが存在するのであろうか。

第一義的には、特定のマニュアルの伝承であろう。そして、第二義的には、特定のマニュアルを軸とした組織の形成にあるといえる。上納金などの制度により、ビジネスとして成立させるというねらいがあることも否定できない。

5-2) 他の芸道の流派

流派の存在が明確に現れるジャンルとして、次のようなものがある。まず、スポーツのなかでの剣道・剣術参考@参考A)である。次には、習い事の世界での、茶道、華道(参考@参考A)、日本舞踊である。(番外編)。学問の世界も例外にもれず、学派という名の流派を自然発生的に作っている。考え方を同じくする人たちが集団を作ることによって、理論の精密化を図ったり、自分たちを批判する者たちに対抗していく中で、考察を深めていくという効果がある。学説の対立が明確な分野として、刑法学の新派vs旧派、行為無価値論vs結果無価値論などがある。

この点、興味深い点は、剣術や柔術も本来多くの流派に細分化されていたが、近代スポーツとして剣道や柔道となってからは、流派は前面から後退したことである。これらを考えると、画一化を効果としてもつ「近代化」が、差異の顕在化を前面に出す流派の世界の希薄化に影響しているのかもしれない。

また、日本以外ではどうなっているであろうか。

6 全体と個人、という視点による練習帖

江戸時代の文化は、武士の文化と庶民の文化に二分されていた。前者の中心が、本論で取り上げた狩野派であることは言うまでもない。では、庶民の文化、ことに美術に関しては、どうであったのか。庶民の美術の中心となっていたのが、浮世絵である。狩野派の場合と同じとはいえないが、浮世絵もいくつかの流派を生んだ。鳥居派、歌川派などである。こうした集団と個人の関係について着目して、浮世絵について論じることが可能である。


浮世絵の代表的画家
  菱川 師宣 喜多川 歌麿 葛飾 北斎 歌川 広重
生 - 没 16?? - 1694 1753?- 1806 1760- 1849 1797 - 1858
作品例
作品名 『見返り美人』 『ビードロを吹く娘』 『富嶽三十六景』 『東海道五十三次之内』
役割 浮世絵というジャンルを確立したとされる。菱川派として、門弟を多くとった。 女の上半身を大きく描く、大首絵という手法を美人画に用いた。春画も多く描くが、綱紀粛正のなか投獄。 勝川派から離れ独自の様式をつくる。きわめて広い活動範囲をもつが、風景画は特に有名。 風景画家として有名。計算された構図などが研究対象とされる。