知的財産権 レジュメ

§1 知的財産権(Intellectural Property Rights) 概 要

1 予 定 後期 木曜・5講

  • 1 ガイダンス
  • 2 著作権に関するイメージ作り (1)
  • 3 著作権に関するイメージ作り (2)
  • 憲法(表現の自由)憲法(幸福追求権)
  • 刑法(犯罪成立要件)
  • 民法(契約法、不法行為法)
  • 知的財産権・知的財産法とは何か
  • 著作権法1  著作物
  • 著作権法2  著作者の権利
  • 著作権法3  著作権の制限
  • 著作権法4  権利侵害と救済方法
  • 特許法1   特許の要件
  • 特許法2   特許の手続・効力
  • 2 講義

    疑問点は、右のアドレスまで 

    3 資料

    立法趣旨

    著作権法 (条文) 意匠法 (条文) 商標法 (条文)
    著作物並びに実演、レコード、放送(略)及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与 意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与 商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護
    特許法 (条文) 実用新案法 (条文) 不正競争防止法 (条文)
    発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与 物品の形状、構造又は組合せに係る考案の保護及び利用を図ることにより、その考案を奨励し、もつて産業の発達に寄与 事業者間の公正な競争及びこれに関する国際約束の的確な実施を確保するため、不正競争の防止及び不正競争に係る損害賠償に関する措置等を講じ、もって国民経済の健全な発展に寄与

    参考資料

    資料 1