現代音楽論 レジュメ

§ 特許法 1 −特許登録を受けるための要件−

1 制度の目的

特許制度の目的 ⇒ 「産業の発達のため」

2 特許を受けるための要件

2-1) @ 特許法上の「発明」

「発明」(2条1項)とは、「自然法則を利用した 技術的思想の 創作のうち 高度のもの」をいう。この定義から、4つの要件が導かれる。

2-1-1) 自然法則を利用したもの

万有引力の法則は、自然法則そのものなのであたらない。永久機関は、自然法則に反するのであたらない。

2-1-2) 技術的思想である

美術的創作物、技能、コツは、技術的思想とはいえない

2-1-3) 創作である

新しいものを作り出すこと

2-1-4) 高度である

実用新案法の「考案」と区別するための要件

2-2) A 産業上の利用可能性

産業の発展と無関係なものは、特許法の目的から保護に値しないから

2-3) B 新規性

産業の発展と無関係なものは、特許法の目的から保護に値しないから

2-4) C 進歩性

すでにあるものを少し変えただけの、容易に考えつく発明は、産業の発達に資するところが少なく、保護に値しない

★ 新規性 と 進歩性 の違い

新規性の判断 → 出願された発明が、公知の技術と同一かの判断

進歩性の判断 → 新規性があることを前提に、容易に考えられるかの判断

2-5) D 先願であること

先発明主義 = 先に発明した者が優先

先願主義  = 先に出願した者が優先

2-6) E 公益に反しないこと

3 演習


参考文献;
「知的財産法」、伊藤塾、弘文堂
「BASIC著作権法」、廣瀬隆行、東京リーガルマインド