京都 まちあるき ガイド 穴場

§  京都まちあるき練習帖 、浜田邦裕著、昭和堂

1 境界論 (1章からの抜粋)

「都市を探索する手法の一つは、「境界」を意識することである。

大都市に住んでいる人は、どこからどこまでが東京などと考えても意味がないと思う。東京はどこまで行っても東京にしか見えないからである。

しかし、田舎に行けば事情は違う。集落から離れるにつれて、家は少なくなり、やがて山しかなくなる。…

境界は、いろいろな歴史がつまった、都市を読み解くパワー・スポットなのである。」

2 地霊論 (2章からの抜粋)

「幽霊、亡霊、音量、妖怪、物の怪、あるいは単純にお化け。

これらが実在するか否かという議論に参加する気はないが、文化を構成する重要な要素であることは疑う余地がない。 ところで、霊的な物語は、場所に付随していることが多い。薄暗いトンネル、真っ暗な池、奇怪な形をした岩・樹木など、場所を基盤とする。多くの場合、霊的な物語を合わせ持つ。 」

3 セカイ論 (3章からの抜粋)

「京都文化人と言われる学者がいる。…
彼らをはぐくんだのが京都大学だが、彼らのようなキャラクターが自由な学問風土ゆえにうまれたとする俗説にはあまりくみしたくない。というのも、京都人というのはじつに性格が悪いのである。その証拠に、京大ほど教授陣内部の抗争・ゴシップに事欠かない大学はない。 これらの異才たちは京大ですらいじめられていた?ために、独自の世界を築かざるをえなかった鬼っ子なのである。 」

4 未来都市論 (4章からの抜粋)

「テクノロジーの進歩はあまりにはやいので、夢のマシンがあっという間に陳腐化することも珍しくない。 マンガ・映画の未来都市では、超高層ビルや空飛ぶ車、巨大スクリーンが「お約束」として登場する。

こうした物も具体物ではなく、抽象的な要素としてみれば、視点は違ってくる。 たとえば、現代建築のキーワードとして「透明性」がある… 」

5 廃墟論 (5章からの抜粋)

「なぜ、朽ちた建物や煤煙をまきあげる工場に、普通の人がポジティブな興味を抱くのであろうか。公害問題がはなやかだった時代には攻撃の対象だった。だが、既視感と言ったように、廃墟への関心は、歴史のなかでくり返し登場する美学なのである…」

6 視線論 (6章からの抜粋)

「秘密基地を成り立たせる確心部分は基地にではなく、秘密にある。基地は秘密を成立させるための設定にすぎない。秘密基地は、都市伝説のようにウソか本当かわからないゴシップとして、物語を勝手に膨らませていく。 重要なのは「視線」の操作である…」

7 ご当地ソング

場所のレトリック

8 移動建築論

 『ハウルの動く城』、変容・仮設・ノマド

10 地図にない街

悪場所。動物舎、遊園地、エスニック・タウン、性の場所